• Motoko Simizu

総絞りの着物リメイク


総絞りの反物から個性的なツーピースが出来上がりました。

鮮やかな紅色がよくお似合いのサチコさん。

以前もくっきりしたピンクTシャツのご注文をいただきました。

この反物は廃業した呉服屋さんに眠っていたものを手に入れたそうです。

とてもお買い得だったんですって。

サチコさんはSOUSOUなど楽しいデザインのお洋服を上手に着こなす

拘りのおしゃれさんです。

デザイン、生地合わせ、いずれもサチコさんからのご提案です。

ワンピースはごくあっさりと。

一枚で着てもいいし、Tシャツと重ねても。

着物リメイクだからと言って気を張る事なく、ちょいちょい着回せます。

例えばこの豪華な総絞りをドレスにリメイクしたら、

きっと一生に数回しか袖を通さないでしょう。

気軽なお出かけやお食事に着て行けるアイテムにすれば、

長年眠っていた反物を活かす事ができます。

サチコさんが選んだ裏地はゴールド!

着物の裾除けにハッとするような色が添えられていたりしますよね。

そんなイメージです。

また、濃い色の裏地なら日差しが強い場所でも透ける心配なしです。

スラッシュ開きのボタンは、

私の昭和レトロコレクションの中からドロップのような一つぶを選びました。

両サイドにポケットがあります。

上着もカジュアルなパーカーにリメイクしました。

こちらもサチコさんの新鮮なアイディア。

ファスナーの赤が効いています。

白いパンツに白いスニーカーを履けば、一日中アクティブに過ごせそうです。

パーカーの裏地は大きな洋花柄。

やはり羽織の胴裏をイメージして。

和洋のミスマッチ感が面白いですね。

ほっそりしていていつも控えめなサチコさん。

はにかんだような笑顔で周りをホンワカさせてくれます。

濃いめのコントラストのお洋服も、サチコさんのホンワカ笑顔と混ざってうまく中和され、

可愛くなるように感じます。

ファッションは個性を引き出す大事な要素なんだなあと改めて思いました。


0回の閲覧

© 2017 mocomode