羽織リメイクジャケット


漆黒の地に華麗な日本刺繍。

圧倒的な存在感のジャケットが完成しました。

 

こんなに絢爛豪華な羽織でした。

結婚式など晴れの席で着たのでしょうね。

 

ドレスアップしてパーティーに赴けば、

さぞや注目を集めることでしょう。

敢えてダメージジーンズと合わせてドレスダウンしても面白いと思います。

 

着物をリメイクする時、

柄の配置に最も神経を使います。

 

べったりと平面的にならないように、

バランスよく型紙を置きます。

 

「襟を立てる着こなしが好き」

とおっしゃっていたので、

裏襟に刺繍部分を使いました。

 

襟先は丸みをつけてソフトな雰囲気に。

 

本当に緻密で立体感のある刺繍でした。

素晴らしい技ですね。


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示