top of page

羽織リメイクジャケット


鮮やかな朱色の羽織をジャケットにリメイクさせていただきました。


ランダムに飛ぶ水泡のような柄、

これはもしや「ろうけつ染め?」

でも和服のろうけつ染めは草花模様の繰り返ししか見た事がありません。


偶然浜松でろうけつ染め作家さんが個展を開催されていたので、

この羽織を見ていただきました。

やはり「ろうけつ染め」なのだそうです。

蝋の塗り方でこのような模様ができるそうです。



デザインのイメージは、

「スカーフを羽織っているような」ドレープ。


絹の柔らかさを存分に活かしたシルエットです。


袖付け部分の縫い代はパイピング仕様です。

裏地で包む事で袖山がふっくら仕上ります。


お着物は高価な絹地です。

丁寧に仕上げてその価値を損なわないように心がけています。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page