総裏仕立ての作務衣(紬リメイク)



かつてご実家のお父様のために誂えた紬のアンサンブル。

ほとんど新品状態で残されていたそうです。


今度は旦那様のために作務衣にリメイク。

温かく過ごせるように裏地を付けて。


お父様から旦那様へと、奥様のお心遣いを引き継ぐお手伝いをさせていただきました。


仕上がった作務衣に触れたお客様が、

「こんなに滑らかで軽い織物だったかしら?

 記憶の中と違っているみたい。

 もっと古めかしいと思っていたんだけど。

 生地が残っていたら私のベストにしたいわ!」


着物をリメイクして数十年ぶりに見つめると、

新しい印象を受ける事があるのですね。

私にとっても新しい気づきでした。


もちろんベストもお仕立てします。

ありがとうございました。




閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示