シルクシフォンブラウス



極薄いシルクシフォンのブラウスをお仕立てしました。


お子様の卒業式参列のために、

お手持ちのスーツのインナーとしてご注文いただきました。


透けるように繊細なシルクを扱うのは久しぶりです。

でも大丈夫、

「モードその」時代はこういった難易度の高い素材ばかり縫っていましたから。

すごく懐かしい手触りでした。


 



関西方面のご実家のお母様と選んだ大事なシルク。

大きなリボン結びができるボータイブラウスをご希望でした。


ところが!

当初生地が足りませんでした。

幅広のボータイは結構生地が必要なのです。


残念...

出来る範囲で最大のボータイを作りましょう...。


でもね、

その話を聞いたお母様が同じ生地を追加購入して送ってくださったのです♡


バンザーイ!


おかげ様で華やかなボータイブラウスを作ることができました。


 



後首元にふんわりギャザーを施しました。


 


きらきら白蝶貝のボタンはお客様ご自身で用意したお気に入り。


沢山の思い出とお気に入りを詰め込んだシルクシフォンブラウスが完成しました。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示